今日もまた柿が来ました!

今日もまた柿が来ました!

"柿くえば〜鐘が鳴るなり法隆寺、でしたでしょうか。晩秋のこの季節、あちらこちらに柿がなっているのを目にします。

 

奈良の柿はもちろん、そうでない一般の住宅地でも、柿がなっている風景は、なかなか絵になるものです。

 

しかし今のわが家は、どちらかというと柿にうなされそうです。数日前からご近所や知り合いからたくさんの柿をいただいたからです。

 

すごく大きな甘柿から柔らかい焼酎漬けの柿、そして今日もらったすごく小さな甘柿。わが家の台所のカウンターの上には、大小様々な柿が袋に入ったまま置いてあります。

 

私自身は以前は柿が苦手でした。理由ははっきり言えないのですが、柿をいただくとがっかりしていたものです。しかし最近は柿好きな老父の影響で食べるようになりました。

 

今日知人から頂いたのは、スーパーなどによく売っているてっぺんが平らな種なし柿です。おそらく焼酎漬けの柿だと思います。

 

頂いてすぐに食べてみましたところ、渋くて口の動きがストップ。久しぶりに柿のあの独特の渋みを体験しました。おそらくまだしっかり漬かっていなかったのでしょう。もうしばらく置いておくことにしました。

 

中高生あたりに聞いてみると、柿が嫌いな子が多いことが判明。思えば自分自身も嫌いでしたから、柿は若者にはあまり人気が無いのかもしれません。反対に高齢者の多くが柿を好むようです。

 

昨日も今日も柿がやってきましたが、ビタミン豊富な果物らしいので、毎日ありがたく頂くことにします。"