スーパーの売り方がすこしづつ変わっています

スーパーの売り方がすこしづつ変わっています

"スーパーへ燃えるゴミ袋を買いに行きました。そのスーパーは商品の陳列の方法が前と変わっているんです。全面改装して驚いたのが、前は果物、野菜、魚、肉、加工品、乳製品などの順になっていたのです。

 

改装後はいきなりワインとなっているので少し面食らってしまって。そんなにお酒飲む人多いのかなと思ってしまいました。まだ売り場に慣れていないので希望の商品を探すのに少し時間がかかります。

 

前の方がいいな、と思い売り場を歩いて行って違うのは、生活用品も別の売り場だったのが同じ様に売られているんです。前は食品は食品、生活用品は生活用品と別の階にあったのですが、生活用品の取り扱い品目を少なくして食品売り場においてある感じなのです。

 

それで改装前ほどは、そのスーパーへ行かなくなりました。わかり難いですから。そして普通に売っている従来型のスーパーへ行くようになり、おまけに宅配に力を入れている所があり、店舗では扱っていない商品などを持って来てくれるので、そちらを購入する事が増えました。

 

私の所の冷蔵庫の冷凍庫がもっと大きいのであれば、その宅配をもっと使う事になるでしょう。もっとも個人宅配は生鮮品は扱っていません。それでも持って来てくれるので、楽ですし思った以上に美味しいです。いろいろやり方を考えて、楽にしてくれるのですね。"